失敗したくない…そんな人のために自分で占う時のコツをご紹介!

占いの館で運勢を占ってもらう他にも、自分で運勢を占うという手段もありますよね。
しかし、占いの結果をしっかりと出すためには気を付けるべき点がいくつかありますので、今回は自分で占った時に失敗しないためのコツについてご紹介していくことにします。
厳しい結果も受け入れる
自分で占うと、厳しい結果が出た時どうしても目をそらしてしまいたくなります。
しかし、自分に対して厳しいものであるからこそちゃんと受け入れなければなりません。
そうでなければ占った意味はありませんし、その先の困難を避けていては成長は見込めませんよ。
fgftrs
都合の良い解釈を避ける
これも先ほどと同じようなことが言えますね。
自分で占いをした時は自分にとって都合の良い解釈をしてしまいがちになります。
しかし、やはりそれは自分の成長を止めてしまうことに他なりません。
したがって、自分に都合がよすぎる解釈を避け、より占いの本来の結果に沿った解釈を心がけるようにしましょう。
客観的な目線を持つことが重要
以上のことから、占い結果を解釈していく際には主観的ではなく客観的な目線を持つことが重要だということがわかります。
そうでなければ自分を甘やかす結果を招きやすいからです。
占いは自分のより良い未来のために行うものであって、無駄に楽をするためのものではないということをよく覚えておきましょう。

そういった意識を持ちつつ占っていけば、自ずと自分を高めていくことができるようになるのです。
手相占いはタロット占いと同様にメジャーであり、なおかつ占いの館ウィル渋谷店 TV、雑誌イベントで活躍中の鑑定師が勢ぞろい!していることも多いです。
しかし、名前だけは知っているけど詳しくは知らないという人もいるのではないでしょうか?
それでは、ここでその手相占いについて詳しく見ていくことにしましょう。
手相占いとは
手相占いは手や指の形だけでなく、手のひらの線や状態を見てその人の性格や運勢の動きを見ていきます。
また、指や爪の長さや形、それから指紋を見て占うこともあります。
この占いは古くからある方法ということもあってか、占いのパターンは占い師によって実に多様になっているのです。
どうやって占うの?
基本的には両手を見て占っていきます。
しかし両手を同じように占っていては結果を出せませんから、アクティヴハンドとパッシブハンドに分けて占います。
アクティブハンドは基本的にその人の利き手で、その反対がパッシブハンドとなります。
アクティブハンドは普段の行いや感情など、日常的なことに関することが表されています。
パッシブハンドは願望、気質、本能的な欲求など、より内面に踏み込んだことを表しているのです。
意味を把握すれば自分でもできる
手のひらの線の意味をある程度把握していけば、自分で手相占いをすることができます。
そうすれば自分の運勢や性格がわかってきますから、自分がこれからどう行動していけば良いのか、という対策を考えることも可能になります。
占ってもらうことも大切ですが、時には自分で運勢を見ることでさらに占いの奥深さを実感できるようになりますよ。

更新情報

△PAGE TOP